長期かつ継続的に収入が得られるアパート経営のメリットとは

資産づくりのポイントは長期で継続的に収入が得られるかにあります。その意味でアパート経営は理にかなったものと言えます。もちろん、不動産が持つ立地や特殊性からくるリスク、入居者の募集や建物の管理費などの必要経費なども発生しますが、株や先物取引と比べると価格の変動リスクの影響をあまり受けることなく、家賃という形で毎月収入を得て資産とすることができます。
また、経済状況がインフレに動いた場合、お金の価値は下がりますが、アパートの価値は逆に上がることがあります。不動産活用には駐車場経営などがありますが、コストと得られる対価の大きさで考えるとアパート経営に利点があります。
不動産をいかに有効活用するかで、生み出される価値も大きく違ってきます。その中でアパートなどの賃貸経営は継続してじっくり資産を形成できる点で有効と言えます。

収入面プラス税金対策でもメリットがある

景気の動向次第で大きく変動する株や先物取引と比べて、毎月にわたり家賃を得ることができるメリットがあります。また、税金対策においても賃貸事業はメリットがあります。住宅用地の標準課税の特例などにより、固定資産税や都市計画税が軽減され、これらを事業の経費とすることもできます。
加えて建物の減価償却費は支出を伴わない費用であるため、もし不動産所得がマイナスの状態になっても、損益通算により課税対象となる総所得が減り、結果、所得税や住民税が軽減され、手元に資金が残ることになります。
相続時においても土地や建物の評価額が軽減され、相続税額の負担も減ることになります。家賃というインカムゲインだけでなく、税金対策の面でもアパート経営の利点をみることをおすすめします。

維持管理を外部に委託する方法でコストを抑える

アパートの経営でまず必要となるのが初期投資に掛かる資金づくり。多額の資金をローンで賄うことになるのですが、入居者の家賃からローンの返済金を賄うことができます。こうした賃貸物件の管理は自己管理方式と管理委託方式の二つがあり、自己管理方式は文字通り自ら管理する方式ですが、設備の維持管理には専門知識を必要とするため、専門会社に委託するのが一般的です。
一方で管理委託方式は管理会社や不動産会社など外部に委託する方法です。ひとくちに管理といっても、設備維持や清掃管理、修繕業務があり、一部を自ら管理するなど分けて委託する方法もできます。
管理面を外部に委託する方法をとれば、会社勤めであっても副業として成立します。時間の拘束が少ないこともメリットのひとつです。

アパート内覧会は定期的に開催しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。 アパート全てが完成した後もあらゆるサポートをしております。 経営に関する心配ごともアイケンジャパンで安心に変わります。 素人の方でも安定したアパート経営が出来るよう全面的なバックアップによるサポートをしております。 実際に経営されているオーナー様方からいただいた生の声をHPにて掲載しております。 アパート経営収入についてはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加